EVENTイベント

2020.10.27

21時からのクラシック vol.2 ~デニム感覚で本格的なクラシックっていい夜音~

ご好評をいただいた夜21時スタートのクラシックコンサート、第2弾です。
デニム感覚の気楽さでJAZZテイストのクラシック演奏はいかがでしょうか。
JPCO(Japan Popular Classics Orchestra)の特別編成でお届けします。

 

「21時からのクラシック vol.2」
~デニム感覚で本格的なクラシックっていい夜音~
[公演日] 2020年10月27日(火)
[時 間] 21:00~22:00(開場20:30)
[料 金] ※一部学割有り
・指定席一般 3,500円
・自由席一般 3,200円
・自由席学生 1,000円(入場時に学生証提示)

 

【チケットの購入】
本公演は全て「オンラインチケット」になります。
下記の購入先アドレスからお求めください。

購入先:https://teket.jp/172/1255

 

※新型コロナウイルス対策のため、ゲストでの購入の場合、当日お名前・ご連絡先をお伺いする場合があります。
※複数枚購入の場合も代表の方が各自にご連絡が取れるようにお願いいたします。
※発熱のある方や体調不良の方はご参加をご遠慮ください。当日サーモグラフィ―にて検温させて頂き、発熱のある方は参加できません。
※観覧時にはマスクの着用をお願いいたします。。
※行政によるイベント人数緩和に伴い本公演は100%の配席にて販売いたしますが、状況により変更になる場合があります。詳細は随時HPにてお知らせいたします。
※購入済みのチケットの返金、交換はできません。予めご了承ください。
※お支払いはクレジットカード(ビザ・マスター)かコンビニ(ローソン)になります。なお、コンビニ支払いは別途手数料220円がかかります。

☆ チケットの購入/支払いについて

 

【出演者】
JPCO(Japan Popular Classics Orchestra)

ピアノ&作曲:久保田 千陽
ヴァイオリン:小津 達哉
チェロ:石崎 美雨
ジャズベース:鳴海 克泰
トロンボーン:小野坂 栄駿
パーカッション:前田 啓太
(音楽ディレクター:久保田 千陽)

☆JPCOオフィシャルサイト https://popularclassics.jp

 

【プロフィール】

ピアノ&作編曲:久保田 千陽 CHIAKI KUBOTA
東京都出身のピアニスト、作曲家、音楽プロデューサー。3歳よりクラシックピアノを始める。東京都立芸術高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻を卒業。同時に高校在学時から編曲、作曲法を独学で学ぶ。2017年、日本のサントラ文化を『ジャパン・クラシック』として世界に発信することをコンセプトとした若手クラシック演奏家による音楽団体、『Japan Popular Classics Orchestra (通称JPCO)』を創立。日本・アメリカ・韓国のメンバーを含む総勢50名が在籍しており、全国各地で開催するイベントは現在、常にSold Outとなる人気で、2019年3月にはJPCO台北公演を開催し初の海外進出を果たす。
作曲家としては2020年、亀山睦美監督、狗飼恭子脚本監修の映画「マイライフ、ママライフ」(2020年公開予定)にて初の劇伴作家デビューを飾る。また、自らが代表を務める株式会社センヨーミュージックマネジメントではコンサートやイベントの演奏機会を積極的に企画・展開し若手演奏家の育成と活躍の場を創出するなど、ピアニスト、作編曲家、経営者のマルチな組み合わせによりクラシック音楽の新しい世界を提案する、次世代型のプレイング・プロデューサーとして注目されている。

 

ヴァイオリン:小津 達哉 TATSUYA OZU
東京都出身。幼少期をタイとアメリカで過ごす。4歳よりヴァイオリンを始め、東彩子、レベッカ・ヘンリー、勅使河原真実各氏の元で研鑽を積む。第12回セシリア国際音楽コンクール高校生の部第2位、第19回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門 Age-H 第3位、2017年第15回チェコ音楽コンクール入選。また、2015年、2017年、2018年はチェコのプラハサマーアカデミーに於いてイヴァン・ジェナティ氏のマスタークラスを受講、ファイナルコンサートに選抜され出演する。また、アモローソ音楽院に於いて千々岩英一氏の特別レッスンを受ける。2020年3月に麻布高等学校卒業、現在は東京大学教養学部文科一類に在学中。

 

チェロ:石崎 美雨 Miu Ishizaki
東京都出身のチェリスト。8才よりチェロを始める。
第12回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部銀賞。第68回全日本学生音楽コンクール東京大会本選 チェロ部門大学の部3位。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015 第3位。第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第2位。第12回ビバホールチェロコンクール井上賞。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部卒業時に同声会賞受賞。山崎伸子、中田有、増本麻理、中木健二各氏に師事。現在はクラシック、ポップスなどをレパートリーとし、積極的に演奏活動を行っている。2018年より日本フィルハーモニー交響楽団団員。

 

ジャズベース:鳴海 克泰 Katsuyasu Narumi
青森県弘前市生まれ。13歳からエレキベースを弾き始め、高校生の時にジャズに興味を持ちウッドベースも弾きだす。その後洗足学園音楽大学ジャズ科に入学しベースを水谷浩章氏に師事。アンサンブルを原朋直氏に師事。
大学在学中から都内、横浜を中心に演奏活動やドラマにミュージャン役で出演、ラジオ出演、武道館から老舗ジャズクラブまで様々な場所での仕事を経験する。現在は様々なバンドやプロジェクトに参加し、ポップスやロックからジャズやワールドミュージックなど、ジャンルにとらわれずに多方面で活躍している。

 

トロンボーン:小野坂 栄駿 Eishun Onozaka
東京藝術大学音楽学部卒業。トロンボーンを平田慎、栗田雅勝、古賀慎治、石川浩の各氏に師事。2011年、第13回日本ジュニア管打楽器コンクール 高校生コース トロンボーン部門 金賞(最高位)。2014年、2016年草津夏期国際音楽アカデミーに参加。I.バウスフィールド氏の指導を受ける。また2016年には最終日に行われる各クラス選抜者によるスチューデントコンサートに出演。2015年、フランス ベジエにて行われたM.プラッソン氏主催のアカデミーに参加。M.ベッケ氏の指導を受ける。室内楽においても2019年、日本イタリア協会主催 第10回コンコルソMusicArteにVn、Trb、Pfの三重奏で出場。グラン・プレミオ(優秀大賞)受賞。これまでにM.マソン、I.バウスフィールド、M.ベッケ、J.van ライエン、O.オット、M.スキッパースの各氏のマスタークラスを受講。ソニーミュージックエンタテインメントプロデュースのSTAND UP! ORCHESTRAメンバー。

 

パーカッション:前田 啓太 KEITA MAEDA
富山県出身の打楽器奏者。武蔵野音楽大学卒業。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学へ留学。同大学大学院修士課程にて満場一致の最優秀の成績を得て帰国。2011年バーデン文化財団主催の国際音楽コンクール「Kulturfonds Baden Wettbewerb」第1位受賞。第31回日本管打楽器コンクール・パーカッション部門第2位受賞。オーケストラ、吹奏楽、ソロコンサート等で活動中。2012・13年サイトウ・キネン・フェスティバル「兵士の物語」に出演。2017年Studio N.A.Tより無伴奏打楽器独奏によるCD「I Ching」をリリース。一般財団法人地域創造による公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト。

 

【プログラム】
帰らざる日々~映画「紅の豚」より~/久石譲
ニュー・シネマ・パラダイス/E.モリコーネ
ジュピター/G.ホルスト
ほか
※プログラムは変わる場合があります

pagetop